インドのアーユルヴェーダ商品

インドの素晴らしい物をご紹介いたします。 今はインドの郵便事情も大変良いのでインド在住20年の私がインドよりより優れの物を皆様のお手元にお届けすることが出来たら幸いです。

ヤフオクでも1番の人気商品「カトラミデ」のご紹介です。

043


インドの昔から地元の人にも浸透している医学は5000年の歴史を持つアーユルヴェーダ。
アーユルヴェーダを日本語に訳すと「人生の科学」

自然の中にはすべての人間の為になるものが自生しています。
その大地からのギフトを昔の人の知恵によって今も使うことが出来るなんて素晴らしいことですよね。
そんなアーユルヴェーダの知恵がインドの各家庭にも今も受け継がれています。

アーユルヴェーダの知恵を使った 
ハスの花の蜜配合の目の健康の為の目薬「カトラミデ」

045


白内障、目の痒み、目の痛み、目のすべての問題に良いとされているアーユルヴェーダ医者お勧めの目薬(点眼液)です。
視力回復や、白内障の予防にも使われています。

点眼後、暴れたくなる程沁みますが、3分後にはかなりの爽快感♪
これは癖になる快感です♪
点眼したときは目が赤くなって、なんだか目の汚れが目の奥底から出て来る出てくる~
しばらくすると目の白目がかなり綺麗になり、目の中から元気になる感じがします。
これは病みつきになりますよ~!!

私が日本に帰国するのはインドの学校の夏休みの4月5月の1番花粉の飛んでいる時期・・・。
つらいですよね
しか~し!このカトラミデを使い始めてからかなり花粉症の症状が改善しましたよ~!!
カトラミデとアヌタイラで花粉症の時期は乗り越えました!

 私の友達の中でも大人気です。
 視力が回復したというご報告も頂いております
こんなにねっとりしています。
052





こちらでも詳しく分かりやすくご紹介されておリます!!


{成分}10ml中
ナハカノコソウ 250mg, 
ニームの葉 250mg, 
ニンジンボク 250mg, 
アムラ 250mg, 
ハリドラ1g , 
ハスの花の蜜

 

{内容量}
10ml
 

{賞味期限}
製造年月日より1年
開封しましたら1ヶ月で使い切って下さい。
 
{点眼方法}
1日1~3滴を1日3回点眼します。



{お値段}
インドからの送料込み
カトラミデ 1個ー700円
      2個ー1300円
      3個ー1800円
      5個ー2800円
      10個ー5400円
      20個ー10000円
      24個ー11760円


 
  お値段は送料込みのお値段です。

 


アーユルヴェーダ商品一覧です。
何かご不明な点などございましたらお気軽にご連絡下さいませ。
ブログのメッセージか直接メールを下さると嬉しいです。
herbganesh☆gmail.com(☆を@に変えて下さい)

ご訪問頂きありがとうございます

ガネーシャと申します

india


何度もブログをはじめようとして開設しましたがいつも長続きせず・・・。
しかし今回は、今回は、今回は~ 
続けようという意気込みがいつもとは違いますよ~
その理由は、ヤフオクでアーユルヴェーダの商品を出品しだしてから半年ちょっと経ちますが、
昨日「違反報告」というものを受け、2個の商品が削除されたのです。
ヤフオクをご紹介して下さり、いつもお世話になっている方に聞いてみたら「天草」が入っているからでは無いか?という事で、あ、だめだったんだー!って感じで素直に受け止めたのですが、今日又違反報告を受け、今度は花粉症の症状を抑えてくれる抜群の目薬「点眼液、カトラミデ5個セット」。
しかし2個セット、3個セットの方は違反報告されていない・・・・?
カトラミデが違反ならすべてのカトラミデが削除されるのでは???
で、又その方に尋ねてみたら、「嫌がらせでは???」と
 又明日も違反報告されたら・・・・・。
違反では無いはずなのに・・・・・。
何が悪いのかも正直分からず・・・。
最悪そのお知り合いの方のように、出品停止処分 を食らったらどうしましょ~
今までヤフオクで色んな方と出会うことが出来、インドの素晴らしい商品を届けるお仕事が出来て、
その商品が皆様のお役に立って、かなりの幸せ感を感じていた私なのですが・・・・。
最悪の事態のこのまま出品停止処分になってしまうかもしれない前にブログを始めてこちらで皆様にインドからインドの素敵商品を格安でお届けしたい 
と心から思っての今度のブログ再々々々々々々々々・・・・・・・www 挑戦の今に至っているわけであります~
筆不精な私ですがどうぞ宜しくお願いいたします

インドのアーユルヴェーダ商品を中心にお探しの物やご希望の物等ございましたらジャンジャンお問い合わせ下さいませ。

images3





↑このページのトップヘ