皆様、こんにちは。

今日の朝は久しぶりに少し肌寒い感じのここゴアです
まだランニングですが今年は長袖着る機会が来るのかな~。
去年は1度も長袖は着ませんでしたが。


今日も娘のアートメッセージご紹介させて下さいね~

23846704_10213811163889352_1324451763_o

「All you need is faith and trust, and a little bit of pixie dust

「必要なのは信じる事だけ。そしてほんの少しの妖精の粉

ピーターパンでこんな感じのセリフがありました。
素敵なセリフです



ディズニーなどのアニメもインドでも皆大好きです。
日本のアニメはテレビでたまにドラえもんや、しんちゃん等を見ています。
忍者服部君もテレビで放映されていまして皆大好きです
インド人から見ると忍者の文化を見るのも楽しいんでしょうね。
「原始時代のゴン」もやっておりました。
なぜだか、20年前?の「風雲たけし城」は何年も放映されていました~
後は「はげ丸」って言うのも・・・。日本で見たこともありませんでしたが。


こちらの子供達からよく「あのドラえもんが食べているどらケーキ(どら焼き)ってなに?」
「ライスボール(おにぎり)ってなに?」とかって聞かれたりします。
で、たまに子供にピクニックのお弁当とかでのり巻きおにぎりとか持っていったら皆に囲まれて
「ドラえもんが食べていたやつだー」とかって皆興味津々
皆細かい所まで見ているんですね~。
宮崎駿作品はインドでも好きな子が多いです。
「魔女の宅急便」や「千と千尋の神隠し」等。

大きい子は日本の今時のアニメとかも好きなようですね。
わが子たちはあまり見ないので分かりませんが世界中でアニメファンはすごく多いみたいですね。
17歳の長女の友達はしんちゃんが大好きで漫画に出てくる「春日部」の町の道を覚えていて、
「しんちゃんの家からあそこの道を曲がってまっすぐいくと誰々の家に着くんだよね」とか町の道について詳しい子がいるらしいです 視点が面白いですよね~。
1人の娘の友達の女の子もアニメを見ていただけでかなり日本語が上手になって独学で日本語を学んだ子もいて、今は読み書きを1人で練習しておりました。
私の誕生日に日本語で書いた誕生日カードをくれたりするんです~
可愛いですよ~
しかも日本語が上手で
興味があることは向上するものですね


インドアニメといえば誰もが知っている1番は「チョタビーン」

私もたま~に見ております


日本のアニメは世界で絶賛されていて素晴らしいですね
子供の友達のお母さんもドラえもんのポケットから出てくる小道具の事とか話してくる方もいて
結構お父さんお母さんもドラえもんとかにはまっているようです