皆様、こんにちは。

今日はチャパティーの作り方のご紹介です。
チャパティーはインド国民に愛されている主食となる食物で
全粒粉から出来ています。
ナンはタンドリーと言う釜で焼くのが普通なので一般家庭ではあまりナンは食べません。
ナンは小麦粉や卵などが入ってバターなどをかけて食べる贅沢品みたいな感じなので
インド人も外食の時に頂きます。
チャパティーは健康的なものなので毎日の生活の中で食べられます。
朝ごはんにスナックタイムにお昼、夜ご飯に。
旦那が朝のチャイにチャパティをつけながら食べるのには初めは「えーーーー」と思いましたが食べてみると・・・・あら美味しい

作り方も簡単なのです
今日は12枚作りましたが捏ねる時間から合わせて20分で完成

では、ご紹介しますね~

{12枚分の材料}
アタ粉(全粒粉) 200g
塩少々
ギー小さじ半分
水 170ml 



我が家では全粒粉に大豆、オーツ、ラギー、チャナダル、麦が配合された物を使っています。

28795451_10214778528072852_5916444126005428224_o
目指せ!この写真のようなやわらかチャパティー



{作り方}
①水以外の材料をすべて混ぜやすい容器に入れます。
28795892_10214779528457861_7389766630365986816_o

②水を少しずつ(3回くらいに分けて)入れて捏ねます。
28795884_10214779518057601_2544324886550020096_o

③大分まとまってきました。でもまだ少しパサパサ。
28782924_10214779526017800_5615089699891707904_o

5分も捏ねないうちに水分足したほうがいいかなーとか
水分足したら今度はべトべトになりすぎて粉たそうかなーとか
しながら捏ねやすいくらいになるまで捏ねます。
結構柔らかめです。
28795998_10214779528897872_7301121700832215040_o

ひとつにうまーくまとまるくらい。
これくらいでOK.
いっぱい捏ねれば捏ねるほど美味しいとか言う物ではなさそうです。
28795084_10214779527017825_6068291964611067904_o

④少し寝かせます。
28783304_10214779524457761_72419780040065024_o

⑤私は5分ほど寝かせました。
棒状にして小分けにします。
29026079_10214779530017900_4838882894963277824_o

1個40g弱くらいに。
$R1IEXGG

⑥1つずつ綺麗な丸に丸めます。
少し平べったい丸になるように手の平で押します。
$R59K17R

粉につけて
28951473_10214779531897947_559508305932713984_o

28795582_10214779522577714_4039262127360311296_o
伸ばしていきます。
28951330_10214779524897772_5780242247668727808_o
伸ばす時に力をかけて押すのではなく力をかけずに伸ばすのみな感じ。
引っ付く感じだとつけ粉が足りないです。
伸ばしてチャパティを裏返し又伸ばし、横にずらし又伸ばし、繰り返しながら丸型を作ります。

⑦半分に折り又半分におります。
28951082_10214779524257756_1771518944100745216_o

28796190_10214779527897847_7417532859495219200_o

台の上で出来るだけ丸に近い形に整えます。
28795774_10214779520657666_6451922004017676288_o

又平べったくして又粉をつけます。

それを又伸ばしていきます。
これをする事で上手に膨らみます。





大体2ミリくらいまで伸ばします。
28795463_10214779522897722_5329425433555369984_o

⑧温めておいたフライパンで焼きます。
28872028_10214779525177779_2921520257493368832_o

この時チャパティを優しく置きます。
でないと綺麗に膨らまないそうです。
私は常に強火に近い中火で焼きます。
焦げないように2秒ごとに少しずつ回します。
28951998_10214779527377834_2106947360113295360_o
20秒くらいでここまで膨らみました。
そしたらひっくり返します。

28795697_10214779532137953_6742032596592492544_o

まだ火が通っていなさそうな所を押さえながら又回しながら(焦げないように)焼きます。
ほぼ強火に近い火で焼くのでかなり焼きあがるのは早いです。
ここでギーをチャパティーと鍋の間に少し入れて1分ほど両面焼いても良いです。

⑨焼け上がったら取り出してこんな入れ物に入れます。
28782943_10214779529937898_4645590039290445824_o
中身はこんな感じです。焼きあがった度に入れては蓋をします。
(特別なこの入れ物が無くても鍋に布巾を敷いて蓋をすれば同じです)
{出来れば長い布巾でチャパティを下からも上からも包んで蓋をすればもっと蒸気がいきわたります}
29025374_10214779531337933_1003649989248811008_o
油分で焼き上げない場合、初めは少し硬く感じても何枚も重ねてこの容器にいれていく事で後で蒸気でやわらかくなります。

⑩これを繰り返し焼いていくのですが
私は焼いている間に次のチャパティーを伸ばします。
伸ばしては、焼いているチャパティを焦げないようにこまめにフライパンの上で回し、
又伸ばし、チャパティをひっくり返し~とこっちとあっちを交互にエッサホッサとリズミカルに焼き上げていくのです
ですべて焼き上がった頃には既にチャパティーは柔らかくなっています。
28783045_10214779529897897_2681796898385297408_o

1番下のチャパティは汗をかいてしまって(?)いるのでひっくり返します。

こんなに柔く出来上がっています。
28951846_10214779526857821_6023705771672338432_o
焼きあがった物をすぐ食べるより私はこの容器に少し入れて20分ほど経ったころに食べるのが好きです。


慣れてしまえばすごく簡単
ポイントは
★捏ねるときは一生懸命捏ねるのではなく気持ちが良いくらいの柔らかさで綺麗にまとまるように合わせる感じ。インド人基本きつい事はしません!
★伸ばすときは粉のつけすぎにも粉の足りなさ過ぎにも注意。
★伸ばし棒には力を入れない。
★弱火で長い時間焼くよりも強火でがっと焼いた方が美味しい
★油分を入れたいときは捏ねるときに多めに入れるか焼きあがりに入れる。
★焼きあがった物は乾燥させない。



エッサホッサの焼く、伸ばすを1人で上手く出来ないときは私も2人ががりでやっておりました。

美味しいチャパティ是非手作りしてみて下さいね。




チャパティの粉(アタ粉)も販売可能なのでお気軽にお問い合わせ下さいね。
私は日本に居たときに全粒粉でやってみたのですが別物でした。
インドのチャパティはインドのお粉で



28795451_10214778528072852_5916444126005428224_o

{容量}
1キロ

{賞味期限}
製造年月日より3ヶ月

{インドからの送料込みのお値段}
1個=2200円






アーユルヴェーダ商品一覧です。
何かご不明な点などございましたらお気軽にご連絡下さいませ。
ブログのメッセージか直接メールを下さると嬉しいです。
herbganesh☆gmail.com(☆を@に変えて下さい)