皆様、こんにちは。

今日はインドスパイスの「フェンネル」のご紹介です。

インドでは食後にフェンネルというハーブを良く食べます。
images

主な効能は消化を促し、口臭を防ぎます。

フェンネルはせり科のウイキョウ属の多年草です。
和名をウイキョウと言います。
インドで食後に食べる物はこのフェンネルは種子の部分です。

レストランなどではお会計と一緒にカラフルなフェンネルが出されます。
images
砂糖でコーティングされて甘いので子供も大好きです。

フェンネルにはお口直しと消化促進など様々な意味があります。



そんなフェンネルの効能をご紹介♪


★消化不良を治療する
インドでの習慣となっている食後の後にフェンネルを噛む事は消化を促進し、口臭をなくす為に行われています。
消化器官や、胃液の分泌を促進し、胃や腸の炎症を軽減し、食べ物からの栄養素の吸収を促進します。
便秘にも効果的で、様々な腸の障害から身体を守ります。



★貧血に良い
フェンネルに含まれるアミノ酸である鉄とヒスチジンは貧血の治療に役立ちます。
ヘモグロビンの生産を助け、血液のほかの様々な成分の形成にも役立ちます。


★鼓腸を防ぐ
フェンネルに含まれるアスパラギン酸は肥満の人に非常に効果的です。
体のガスの生産を減らし、余分なガスを排除します。
幼児から高齢者まで食すことが出来る安全な物です。
消化不良用の医薬品の材料にもなっています。

★便秘を改善する
粉にした物は粒よりも便秘に効果的です。
腹痛、下痢、過敏性腸症候群、その他の腸の問題の治療薬にもなっています。

★心臓病を軽減する
血液中のコレストロールを健康なレベルにします。
LDLコレステロールの排除を促します。

★がん予防
フェンネルの抽出物は、腫瘍の増殖を阻害するだけでなく、
癌治療中の放射線の有害な影響に対して幾分化学的に保護することさえできることを示しているそうです。フェンネル種子抽出物は、様々な乳癌および肝臓癌株を予防することが判明しています。

★血圧を正常に保つ
フェンネルは非常に豊富なカリウム源です。
体内の必須栄養素で、多くの重要なプロセスにとって不可欠です。
カリウムの特質の1つは、血管拡張剤としての品質であり、それは血管の緊張を緩和し、それにより血圧を低下させます。
高血圧は、心臓発作、脳卒中、アテローム性動脈硬化症などの幅広い健康問題に関連しています。
 

★脳機能を改善する
フェンネルの種子中に高レベルで見出されるカリウムは電解質で、これは身体全体の電気伝導の増加を促進します。
フェンネルは血管拡張剤で、より多くの酸素が脳に到達し、神経活動が最適な機能で働きます。
脳の機能や認知能力を高めるのに役立ちます。

★下痢を治療する
フェネルは、アネトールやシネオールなどの成分が消毒剤と抗菌性を持っているため、下痢の治癒に役立ちます。
ヒスチジンのようないくつかのアミノ酸は、消化および消化器系の適切な機能を助けることができ、
それにより消化不良による下痢に役立ちます。
下痢を解消する方法として、先住民族の文化によって長く使用されてきました。

★月経を正常にする
フェンネルはまた、体内のホルモン作用を適切に調節することによって月経不順などを直します。
PMSの症状を減少させるために多くの医製品に使用されていて、更年期の女性のための鎮痛剤および緩和剤としても使用されています。

★乳房形成の細胞を増加
フェンネルの種子中に存在するフラボノイドはエストロゲンの量を増加させ、強壮剤として作用します。 フェンネルの種子は乳房の新しい細胞や組織の形成を増加させるので、乳房のサイズを増やすのに役立ちます。

★アイケア
フェンネルを食すると、炎症から眼を保護するだけでなく、早期老化および黄斑変性に関連する障害を軽減するのに役立ちます。
フェンネルの葉のジュースと植物そのものは、目の疲れを軽減するために外部に適用することができます。
フェンネルはフラボノイドが豊富で、酸化ストレスによって死滅する色素細胞の死滅を防ぐのに非常に有用です。
フェンネルは、眼の健康に役立ちます。




食後に何気に食していたフェンネルにこんなにも効能があるなんて驚きです!!
インド人のあの元気パワーは毎日のスパイスから来ているんでしょうね~。

こちらでも詳しく分かりやすくフェンネルについてご紹介しております


{インドからの送料込みのお値段}
50g=500円
100g=700円
150g=1000円
200g=1200円

(砂糖でコーティングされた物も同じお値段です)







アーユルヴェーダ商品一覧です。
何かご不明な点などございましたらお気軽にご連絡下さいませ。
ブログのメッセージか直接メールを下さると嬉しいです。
herbganesh☆gmail.com(☆を@に変えて下さい)